お見合い写真 0400092:森沢@海法よけ藩国

【人物紹介】

 国民番号0400092:森沢。
 彼女は、未婚でありながら国民に「まま」と呼ばれるほど、たいへん面倒見のよい女性である。
 本人は「なんでままって呼ぶの~?」と困惑していたが、彼女の気立てのよさは、よけ藩国国民の誰もが認めるところであった。ゆえに、「森沢=まま」の図式は、国内では立派に成立していた。


 ある日、よけ藩国の技族の一人が、国民紹介のページを見ながらポツリとつぶやいた。

「そういえば、森沢さんってキャラ絵なかったよね」
「え?」

 誰かがぽつりとつぶやいた。

「え、えーっと……」

 森沢も所属は技族だが、彼女は建造物や風景などを得意とするため、人物絵についてはほとんどノータッチだった。だから当然、彼女自身の手によるキャラ絵完成稿は、まだなかった。

 そこへ、「悪魔っ娘」を得意とする技族:しるどらが通りかかった。

「しるどらさーん! 森沢さんを、ぜひしるどらさんの手で、悪魔っ娘に!」

 そのしるどらに、能天気に声をかける青にして紺碧。しるどらは、にやりと笑ってうなずいた。

 数時間後。


(藩国の慈母:森沢/絵:しるどら)

「ちょwwwww」
「うわぁ……まま、美人~」
「角生えてるよ角!」
「安○奈美○風だね~」

「森沢さん」と名がつけられたその絵に描かれていたのは、見事なまでの悪魔っ娘だった。ちなみに、森沢の国民紹介文は

----
初心者なくせに、お祭りだ~と浮かれて世界に飛び込んでみたら実は戦場だったという、うっかり者。
おいしいご飯とうたた寝が好きなマイペース型。植物を育てるのが趣味。
好奇心は強いが臆病で逃げ足は速い。追い詰められればぎりぎりで開き直ることも。
物事の先頭に立つよりサポート業務の方が性に合う。
華麗に難題を避けつつ皆さんのお役に立てる立派な国民に早く成長したい
----

上記のとおりだが、反映のかけらも見当たらない。

 国民たちそれぞれの感想を聞いて、森沢がすかさず突っ込む。

「ええい、このままいくとみんなは、悪魔っこの娘息子になるんだぞーーー」

 先にも書いたが、森沢は未婚である。日ごろは『なんで”まま”って呼ぶの~』と反論する森沢だが、このときばかりは半ばあきらめているというか、すかさずネタにするあたり、彼女も立派なよけ藩国民であった。

「みんな悪魔っ娘になれば問題なし」

 しるどらがとどめの一言を放つ。

「そうだよ!みんな悪魔っ娘になればいいんだよ!」

 やけっぱちで便乗する森沢。

「えー!?だってほら、”悪魔っ娘”っていうくらいだから、女性限定で……あ」

 一同は、そこで青にして紺碧を振り返る。紺碧は、男性でありながら悪魔っ娘としてキャラ絵を書かれた過去を持つ。本人は必死になって封印していたが、その努力もむなしく、国内ではよくネタにされていた。

「そういえば紺碧さんも悪魔っ娘でしたね。男性なのに……」
「紺碧さん、あの時泣いてたよね……」
「や、やべぇ……性別関係なし?」

 その場にいた男性国民一同の顔色が、見る見る青ざめていく。次は我が身か、いやいやそんなことは、と妄想を振り払おうとした次の瞬間、しるどらが、再び口を開いた。

「みんな悪魔っ娘になれば問題なし」
「「「ぎゃーす!!」」」

 こうして、森沢の人物絵を皮切りに、国民は次々と悪魔っ娘として描かれ、そしてその絵は、お見合い写真へと流用されることになるのであった。


 後に森沢は、キャラ絵のとおり”歌って踊れる技族にしてまま”を目指した。かどうかは定かではない。

おしまい。

(文:青にして紺碧)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0