【未婚号】攻撃

テーマ:タンシチュー

「戦争ってお腹空くにゃー」
「未婚号乗ると、とくに空くにゃー」
「おいしいごはん食べたいにゃー」
「やっぱりタンシチューかにゃー」
──ある日の避け藩国




【作戦テーマ】:タンシチュー
・詠唱戦の場合、無数の理力使いの意志を統合することが重要となる。飽きっぽい猫にとって、集団で同じイメージを保持することは難しいが、そこを食べ物にすることで解決した。
・タン・シチューのように、どんな堅い敵も、じっくりとろとろ柔らかくなるまで内部に染みこむ攻撃を基本イメージとし、積極的に共有する。

 しかし今回は一人きりなので、しっかりと集中して詠唱が行える。

【体術】
・一度に倒しきれないほど多数の敵は、前衛の負荷を超えない範囲で、少しずつおびき出して倒す
・面制圧攻撃で的を絞らせない。
・理力の種類を使い分け、観測用の曳光攻撃と、魔法攻撃を、呪文として準備する。
・攻撃の際の目標の決め方として、最初に光弾を撃ち込んで狙う中心を決めたり、あらかじめどこを攻撃するかを指定しておく。
・間接照準攻撃:死角にいる目標に対する攻撃。ほかの観測員が光弾の弾着点を観測して照準を修正するか、範囲内に無差別に攻撃する。
・超過攻撃:味方部隊を超えて行う詠唱攻撃のこと。通常味方の頭上から垂直距離で4m程度の間隙を空ける。(遠距離攻撃と中距離攻撃を同時に行う場合、突撃支援を行う場合等に行われる)
・観測員を用いた間接照準詠唱攻撃をするとき、観測員は自分の位置を基点として目標の方角や距離、標高差を知らせる。
・間接照準詠唱攻撃の観測員は使用する詠唱攻撃の種類や敵の大きさや形、戦力や行動などを具体的かつ詳細に伝えるようにする。
・攻撃中は敵に狙い撃ちされないよう、位置をずらしたり被弾面積を少なくしながら攻撃する。

【詠唱戦】
・詠唱の途中で邪魔されないように、歩兵その他でガードする。
・魔方陣を描きやすいように場所を確保。
・杖を振り回し身振りを行う事になるので足場に気をつける
・しっかりと深呼吸をし、発音を行う
・韻を踏みリズムを取ることで正確な詠唱を行いやすいようにする
・魔法をぶつける相手をしっかり目視する
・敵の柔らかそうな所にぶつけるようにする
・魔法攻撃は収束して与えるようにする
・敵の動きを止めたいときは魔法を分散させて当てる
・神々を讃えて歌って踊り、加護を求める
・平時や移動時に、パイロットがマスクでで口を覆い保護する事により、戦闘時に発声できなくなる事態を防ぐ
・詠唱ポーズ、杖などを準備しておき、集中する媒体を確保する
・呪文詠唱を忘れないように、霊子システムに登録しておく
・数回詠唱行為をしているので、周囲との連携が取れている
・長時間の発声に耐えられるよう日常的に訓練している
・しっかり発声出来るように腹式呼吸を心がける
・副椀を利用して、ほかの仲間の詠唱を援護して助ける
・4人では使えないような詠唱を、副椀と疑似魔法陣を使って共同で詠唱する
・副椀は非実体なので戦闘のじゃまにならない
・副椀だけで人間の関節を無視した複雑な結印が可能
・簡易魔法陣で詠唱によって生じる隙を埋める

【未婚号】
・クリスタルに搭載された疑似魔法陣:これを通すことにより、効果などを拡大できるまた即時起動することで簡易防壁や即時攻撃
・霊子システム:青森救出作戦において認知されたゲートトレーサーの技術を一部転用することで作成されたシステム。
周囲の魔力の総量や流れを検知し、現状における最適な魔術動作を詠唱者に伝達することにより戦時の瞬間的な判断を補佐する
・魔道伝達ユニット:8つの魔道ユニットを通して、術者の魔力をドレスに行き渡らせ、構造材に刻み込まれた魔術文様に起動させることにより、詠唱能力の拡大
・高速結印用副腕:本の副腕をつけて、計4本の腕がある。
4本の腕を使用することで、より高速で確実な結印が可能
(作戦案)

【SS】

「ようやくだな」
「ようやくですね」

彼らは一様にしてうなずき、真紅の女神とも言うべき立像…いや、魔道兵器を見つめる。

命名でもめ、装着者の未婚結婚でもめ、さらにはロールアウトが遅れて「これがほんとの行き遅れ」などと後ろ指を差されたが、ようやく今日、実践投入の機会を得たのだ。

長く不遇を囲ったよけ藩国の真の戦場“詠唱戦”において、局面を大きく塗り替える兵器。それが未婚号のコンセプトだった。ちなみに、とあるオーマにこれを着せると、初期のボラーをしのぐ能力となる。もっとも、そのオーマは良心の痛みに耐えながら着用せねばならないのだが。

「長かったな」
「長かったですよね」
「で、君、これ試着したんだっけ?」
「は?」
「は?じゃなくてさ。君、明日これ着て出撃でしょ?出撃メンバーに名前載ってたよ」
「えええええ?……あ、ほんとだ」
「だろ?」
「男性型の未婚号って、ないんでしたっけ?」
「ないよ。開発費用が下りなかった。コストダウンするのに相当がんばったけど、これ1機作るのに、10億にゃんにゃんかかるんだよ?開発費用はその何十倍もかかるから、男性型までは手が回らなくてね」
「よけ藩国って、男女比率3:1じゃなかったでしたっけ」
「うん、そんなもん」
「何で男のほうが多いのに、女性型を先に図面起こしちゃったんですか!」
「んー、デザイナーの趣味?っていうか、どうせ作るんだったらむさいのより見ててきれいなほうがいいじゃん?」
「いいじゃん、って、そんなぁ…」


(未婚号/よしたま)

出撃予定の彼は頭を抱えてうずくまる。確かにこれに乗れば、自分の能力は飛躍的に上昇し、こと詠唱戦になれば百人力の戦力となるだろう。だが、だがしかし!この姿を全国中継されるのか?

彼の煩悶と呪詛の声を内に秘め、未婚号は戦場をかける。
もし、当日、妙にもだえている未婚号を見かけたら、それは彼だ。
(青にして紺碧)

 未婚号が、仲間の攻撃を援護すべく静かに詠唱を開始しする、主腕で光弾、副椀が結界。
 友軍の進撃に併せて光弾を掲げるとたたきつける。
 友軍の攻撃に対して物理防御をとった敵に片っ端から光弾をたたきつけていく、伏せれば砕き、立ち上がった敵は光弾が砕ける衝撃で吹き飛ばす。
 生身のころでは想像も出来ない形で呪文が同時に動く。メビウスはわき上がる興奮でほほが染まるのを感じていた。

 友軍の進軍が止まったのにあわせて、未婚号が副腕で編んだ結界が突き刺さった。秒にしてわずかな時間。敵を貫いた呪文が次々と結界に突き刺さって止まった。
 敵は少し観察してそのまま動かないのを見ると、無視して反撃を開始した。
 
 伏せていた敵が立ち上がって反撃を開始しようとする。メビウスは唇をなめて、突き刺さったが結界に向けて、用意していた詠唱を行った。

 呪文は反射、普通敵の攻撃をとてもではないが跳ね返せない。だが、自分の術なら、術の構造までよく知っている。だから出来る
 結界が励起した、
 結界にたまった理力が震え、刺さったときのエネルギーをそのままに一切に飛び出していく。
 再度の攻撃が次は敵陣の中から始まった。

 簡易結界で敵の攻撃を流しながら、簡易陣による、攻撃で味方を援護する、作戦は何とか進行していく
 メビウスはとっておきを唱え始めた、この攻撃の肝だ。

 荒れ狂う結界が動きをとめ、今度は柔らかく溶け出す、溶け出した結界が、敵の動きを止め、そのまま白熱する。

 詠唱作戦タンシチュー、敵が文字通り内部からとろりと溶け出す攻撃だった。


 未婚号はその輝きをきらめかせながら次々と敵を討っていく

(嘉納)



※「未婚号」に関する応援RPをこちらのコメント欄にお寄せください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

嘉納@海法よけ藩国
2007年07月16日 19:41
「攻撃、粉砕、大光弾祭り!!」