海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS (学問)メビウスの「なぜなにアイドレス経済講座」番外編

<<   作成日時 : 2007/05/29 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

講師にメビウスさんを迎えてお届けする、「なぜなにアイドレス経済講座」。

リアルの話に立ち返った番外編は、「なぜ郵政を解体する必要があったのか。バブルはなぜ崩壊したのか」です。
(0529加筆訂正)





【結局、なぜ郵政を民営化しなければならなかったのか】

 まず、日本人は貯金資質なので、郵便貯金がいっぱいでした(今もいっぱいですね)。

 前回の話から言うと、デフレ方向です。


青にして紺碧:ですです>市場にお金が流れない


 でもまぁ、貯金が定常化すると、それが普通の状態になってしまいます。

 つまり、本当は
 資源1=お金0.5
 なのに
 資源1=お金1 と言う風に錯覚します。

 構造的には、
 郵便局=スッゲェ金持ち
 その他=普通
 こんな状態が生まれます。


 さて、お国はこの郵便局から借金をして(正しくは郵便局が国債を買う)、国営をしていました。

 スッゲェ金持ちが胴元となって、お国は借金し放題でした。


青にして紺碧> 胴元!!!!


 そして溜まる国債。お国は、利子の返済に国家予算の3分の1を使う羽目になりました。

 で、元首相の理論は、『借金元を潰してしまえ』。
 つまりそういうことでした。

 借りる胴元がいなければ国債を発行してもお金が手に入りませんからね。

 でも、単純に解体すれば良いじゃん、とはならないのです。

 当時、郵便局の総資産は400兆円だったかな。

 解体すると、そのお金が大放出状態になります。
 つまり、単純に民営化すると市場は大混乱になります。
 ですから、ここで制限をかける必要がありました。

 でも、既得権益のほしい各所はこの『制限』でどう粘るかを考え、潰したい側は既得権益が発生しないようにはどうすれば良いかをがんばりました。

 なんだかんだで、グダグダと話し合っていたのはこれのせいですね。
 まぁ、本気でマジメに議論していた議員も多数いたことも確かです。
 民営化された郵便局が『ちょっと1%の資産を運用します』というだけで4兆の金が動く異常事態ですから、本気の、そして国民のための議論が発生しました(多くはこれ。その中の極少数の既得権益狙いが問題児でした。隙間を狙ってくるからね)。

 元首相さんはえぐいことと言いますか、よく民営化まで漕ぎ着けたと、こればかりは賞賛すべきところですね。
 なにせ、国の借金の大本をとりあえずは民営化まで漕ぎ着けましたので

結論:国が借金をするその貸し手をなくしてしまう為に郵政をなくす必要があった。




【なんで借金がそんなに増えた!?】

 理由はいろいろです。
 必要なインフラ整備だけでなく、無駄遣いしまくったのですね。

 まぁ、バブル崩壊も一つの要因です。
 バブル崩壊の穴埋めを赤字国債を発行しまくることで補ったのですね。


◆◆◆バブルって何? 

 バブルの時期を振り返れば、使えない土地がすごい金額で買って、売り買いしていました。
 そして、バブル崩壊後、不良債権化していましたよね?

 なぜ、誰もが使えない土地を買ったのでしょう?
 持っていれば、次の日にはもっと高い値段で売れると思ったからです(でも、その土地の本当の価値は10分の1くらいです)。
 これがバブルの正体です。

 バブルは明らかに適正価格以上の物価価格を発生させるので、すべてのものが本来の値段よりも高くなります。
 たとえば、どこかの会社の株価も配当0円なのに株価が上がりますし、品種改良したチューリップの値段が家一件分になります。

 明らかに不当な値段で取引される該当商品。
 そこで、どこかで適正価格に気がついた人がバブルを潰して、残ったものは高い値段で買った不良品だけ。

 バブルを潰したのは、当時の首相でした。

 バブルは膨らんでいくからバブルなので、対応が遅ければ遅いほど(だれも気がつかない)不良債権が増えていきます。

 ですので、あれ以上政府の対応が遅かったら、まずかったのは確かです。
 当時、もう数社くらいは、大手の銀行や大手スーパーが潰れた可能性があります。


黒崎:つまり、何もしないよりは、あれ以上遅れるよりはまだよかった、と?


 はい、放っておくよりはましですね。
 しかし、コントロールがなかったので、市場も何もかも大崩壊しました。

 もう少し考えて潰すか、もっと早い段階で潰すべきだった、と当時を振り返る人はそう言います(当時は『空前の大景気いやっほーーい』でした)。
 そして、大空隙の穴埋めのために、国は国債を発行しまくり、そして立ち行かなくなり、郵政潰そうぜ、と言う流れになりました。

 これが、郵政民営化とバブルのお話です。
 (まぁ、それ以前に無駄遣い政治体制でかなりの借金をしているのですけどね)

(メビウス/編集:青にして紺碧/0529加筆訂正メビウス)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
メビウスさんのなぜなに講座、本当に分かりやすいです。難しい問題を分かりやすく説明出来るメビウスさんは凄いです!
亀助
2007/05/29 02:56
お褒めいただきありがとうございます。
私が単純にしか理解できないだけだったりして(笑
メビウス
2007/05/29 21:45
たまたま巡っていてたどり着きました。
なるほど…こういうことだったのですかぁ…
ちなみに4つに分かれた内の一つに…(汗)
そんな資産じゃ運営できません(嘆)
尋軌@世界忍者国
2007/05/30 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
(学問)メビウスの「なぜなにアイドレス経済講座」番外編 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる