海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS 【レースクイーンのお仕事】

<<   作成日時 : 2007/04/01 04:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

※このSSは、今日の涼華センセ070219【タイガーライド】の続きです。


「にゃぁ?レースクイーンをやる事ににゃったぁ?」

涼華の家にて、夕食時に出た話題はそれだった。
新しく始まる「タイガーライド」と言うレースで何故か涼華がレースクイーンを務める事が決定していた。
助は半分あきれつつ「涼華お姉様の本職ってにゃに?」と真面目に聞いた。

「うにゃ!女医だもん!女医〜っ!!」

叫ぶ涼華を見ながら(しかし、女医だ、アイドルだ、レースクイーンだ〜!っと色々やるなぁこの女。)っと考えながら、助は一番気になる事を涼華に聞いてみた。

「それで、涼華お姉様はどんな格好するのにゃ?」
「ん〜。何時ものレザーのワンピースに近い服にゃ。一応、ミニスカでスリットも長くて、ガーターベルトがチラッと見えるやつにゃ。」

―ガタンッ!―
涼華の話を聞いて、助は机を叩きながら立ち上がった。

「…駄目にゃ…。そんな服じゃ駄目にゃぁぁぁ!!」

突然絶叫し始めた助に驚き、涼華の尻尾は2倍に膨んだ。

「レースクイーンはサーキットの華っ!その笑顔と色香でレーサーと、観客の心と股間をヒートアップさせる存在なのにゃぁ!!」

―ガスッ―
涼華の投げた『家庭の医学書』は助の頭に見事命中した。
しかし、「おやじモード」の発動した助は簡単には止まらない。

「レースクイーンはやっぱハイレグ水着にゃー!でなきゃ、もっと露出の高い服でなきゃNGにゃ〜!エロい服が良いのにゃ〜。」
「じゃかぁしいっっ!皮剥いで三味線にするぞ!!」

マジ切れ入った涼華に少し大人しくなる助。
黙りはしたが耳をピコピコ動かして何か企んでいる。

「…にゃ。」

助は椅子から立上がると、和室の戸を全て閉め、「助が良いって言うまで、開けたら駄目にょ。」っと言って部屋に閉じこもった。

「…鶴の恩返しか?」

ぽつりと呟いた涼華のツッコミは正しかった。

次の朝、涼華がリビングで見た物は露出ギリギリ、超セクシー系エロ格好いい衣装の数々。
それに、徹夜明けでふらふらの助だった。

「完成にゃ…。レースクイーンならこれぐらいやらなきゃ!ウェスタン風・チャイナ風・近未来風・セクシー女医風。色々揃えたにゃ!さぁ!好きな衣装を選べ!だにゃーッ!ハイレグ水着は普通のキャットガールっぽくなるから却下したにゃ。」



(左からウェスタン風/チャイナ風/近未来風/セクシー女医風。以上亀助さん画)

「…こんな服着て人前に出るなんて、絶対無理だにゃぁぁぁ!!」

頭を抱えて叫ぶ涼華、そして顔を紅くし。

「こ…こんな服、着たら、し…晋太郎さんの、御嫁さんに、な、なれないにゃーっ!」
「安心するにゃ、どーせ晋太郎さんの近くに行っただけで、心臓発作起こして病院送りにゃ。」

―ばふっ―
涼華の投げたぬいぐるみ・シンタローが助にクリーン・ヒット。
徹夜でふらふらな助は、シンタローの重さに耐えられず、そのまま床にぶっ倒れた。

「にゃぁーっっ!!こんな衣装用意して、気絶するなんて酷いにゃー!!」

その後、病院へ向かう時間ギリギリになるまで、涼華は一人過激な衣装にぐるぐるし、助は、シンタローを乗せたまま爆睡していた。

―終わり―

(亀助)

※亀助さんは「アイドレス」には参加されていませんが、ご本人の許諾を得てこちらのSSを藩国内に転載させていただきました。ありがとうございます。(青にして紺碧)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
……⊂⌒~⊃。Д。)⊃

(もはやコメント不能)
青にして紺碧
2007/04/01 04:26
うむ、近未来風に一票(なんか違う
森沢
2007/04/01 06:09
涼華さんは何着ても似合いますね♪
/ええっと、森沢さんは近未来風を希望っと…φ(..)
りゅうへんげ@わかば
2007/04/01 07:06
ゴッドスピード!(マテ
波多江
2007/04/01 10:53
森沢さんと同じく近未来風に一票(超マジ顔

晋兄ィも悦ぶこと間違い無し! ※字を間違ったわけではないです
るぅえん
2007/04/03 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【レースクイーンのお仕事】 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる