海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS アイドレス:森国人+猫士+医師

<<   作成日時 : 2006/07/02 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

○森国人+猫士+医師
絵に必要な設定
森国人:長い耳・長い髪(男女とも)・やせぎす・皮の服装
猫士:猫耳・尻尾
医師:白衣・メス



”私に避けられないものは何もない”
「最初の第一歩は、諦めないことだ。私に避けられないものは何もない」
「だから誰かの不幸も避けられると思う」

海法王が発したというこの言葉は、
海法避け藩国の医療関係者の誇りとして胸に抱かれているという。
そう、海法避け藩国の医師達は、患者の最後を避けるためには、常に粘り強く、あきらめない。
メスが、薬が、その魂が、あらゆる病魔よりも強いことを証明するために。

【外見・特徴】
海法避け藩国では、猫士が医師を兼任するのが一般的である。
それは、避け病院を守護する危機よけ猫神様の加護のためだとも、病院前のキャットニップに惹かれてだとも、
過去に交わされた盟約のためだとも言われているが、真相は定かではない。
しかし、その能力は折り紙つきで、特にその鋭敏な感覚は病気の早期発見を可能とし、治癒率を大幅にあげている。
またその愛らしい姿は、ややもすると落ち込みがちな患者のメンタルケアに一役買っているという。
猫耳、尻尾から毛が落ち、衛生を損なうのを避けるため、猫士医師はブラッシングには気を使い、
院内では、見た目上は生耳や生尻尾と差がないキャップを着用している。
海法避け藩国の革加工技術の高さが、白衣やこのキャップなど、衛生的かつ細緻な衣装を可能にしているのである。

【業務】
猫士医師の業務は、医療事務、病理研究、治療行為等多岐にわたるが、
特徴的なものとして、有事の際の戦闘行為がある。
医師としては病巣を見逃さない鋭い感覚は、敵を発見する目になるのである。
コパイロット、オペレーターとして、敵情報を完璧に把握し、
逃げる侵入者はその敏捷性でどこまでも追い詰める。
そして、医師として、人体の全てを知り尽くした猫士医師の猫パンチ(猫メス)の一撃は、
正確に敵の急所をしとめるという。
だが、医療行為に従事する彼ら、彼女らは、敵の命を奪うことも避けるべきとして、
殺害は最小限にとどめる努力を日々怠らない。
全ての不幸を避けるため、猫士医師は日々様々なものと戦っているのである。

●背景
病院(医師)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アイドレス:森国人+猫士+医師 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる