海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS 避け藩国の童話:金の何か、銀の何か

<<   作成日時 : 2007/02/22 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昔々、ある所に真面目な木こりがおったそうな。
今日も(大雑把過ぎて鉄塊にしか見えない)剣で薙倒す木こりさん。
そのあまりに大きな音に、お昼寝をしていた子猫は驚き慌て、近くにあった湖に
誤って落ちてしまいました。
事態に気付き駆け寄る木こりさんの前に、その湖の女神様が現れました。

 女神様「あなたが驚かせて湖に落ちてしまったのは、この[金の子猫]ですか
?それとも[銀の子猫]ですか?あるいは[普通の子猫]ですか?」
 木こり「私が驚かせてしまったのは置物の子猫ではなく、普通の可愛い子猫で
す。(キッパリ)」
 女神様「あなたはとても正直ですね。」

にっこり微笑んで女神様、

 女神様「正直者のあなたには、[ふわふわに乾いた普通の子猫]の他にご褒美
に[金と銀の子猫]をお渡ししましょう。」
 木こり「あふぅ(吐血)」

幸せすぎて卒倒しそうな木こりさんでした。
その様子を木陰から見ていた木こり(B)さんは考えました。

 木こりB「しめしめ。これを利用すれば大儲けできそうだ。」

次の日、手始めに斧を湖に投げ込む木こり(B)さん。

 女神様「あなたが落としたのは、この[金の斧]ですか?それとも[銀の斧]
ですか?あるいは[普通のガーターベルト]ですか?」
 木こりB「(´・ω・`? もしもし?何か変なのが混ざってますよ?」
 女神様「あなたはとぉぉぉっても正直ですね。」

にんまり微笑んで女神様、

 女神様「そんなあなたには、[黒のガーター]の他にご褒美として[金のガー
ター][銀のガーター]を差し上げましょう。」
 女神様「着付けはちゃぁぁんとしてあげますからねぇぇぇ。」

哀れ、湖に近付きすぎていた木こり(B)さんは捕まってしまいました。

 木こりB「ぎゃーーーす?!」

‐めでたしめでたし‐

(タギ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あれ、木こり(B)さんに思わず同情の涙が……。
青にして紺碧
2007/02/22 22:17
最初のきこりが誰か解ったし(笑)
涼華
2007/02/22 22:46
とっても楽しいお話だったにゃ!
みんなハマり役だー。
ナルシル
2007/02/22 23:01
恐ろしい…;(プルプル)
黒崎克哉
2007/02/23 00:30
女神様GJ!ってかこんな役どころばっかか!(笑)
あおひと
2007/02/23 03:08
……ドンマイ、木こりさん(B)!
波多江
2007/02/23 14:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
避け藩国の童話:金の何か、銀の何か 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる