海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回の件に関する海法よりのお詫び

<<   作成日時 : 2007/02/03 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 海法 紀光です。
http://blog.tendice.jp/200702/article_6.html
 こちらにて受けた罰則、土場藩国にて掲示されました文章について、お詫びをさせていただきます。
 いかなる意味であっても、あれは暴言であり、誰に対しても言うべきことではありませんでした。
 土場藩国の皆さんおよび、ご覧になった大勢の参加者皆さんに、不快な思いをさせたことをお詫びします。

 言うまでもなくアイドレスというのは皆で遊ぶゲームです。そこには色々な楽しみ方があります。
 まずは一人一人の作業。絵や文章を書くことそれ自体の楽しみがあります。それが藩国国民同士という形で結びつき、お互いに一つの国を運営してゆく楽しみがあります。もちろん国を超えた交流も様々にあり、様々な方が実践されています。その中で、国々同士のつきあい、というのもあります。

 そうした楽しみの中で、どれが一番楽しいか、とか、どれが一番大切か、という議論は、本来、無意味でしょう。そんなのは人それぞれのことです。大切なのは、みんなが「楽しく喧嘩する」こと(ルールブックより)です。

 海法は件のチャットの中で、国々同士のつきあいを上位に起き、それ以外の遊び方を下に見て、否定するようなことを書きました。これは完全な勘違いであり、傲慢な暴言でした。
 「国という単位がある以上、国々同士のつきあいというものも必要になる」というのを言おうと思っていたわけですが、口にしたことは、「国々同士のつきあい」を上位におき、それを理解しない人をゲームから排除する暴言でした。
 あさぎさん、土場藩国の皆さん、そしてご覧になった皆さんが不快になるのはもっともです。

 海法はアイドレスの中で藩王という役割をいただいており、国々同士のつきあいも、楽しい形で実現したいと思っていました。今回の件で、まさにその反対のことをしてしまったことは、本当に申し訳ないと思います。

 以上、短いですがお詫びにかえさせていただきたいと思います。

2007/02/03
海法 紀光

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
今回の件に関する海法よりのお詫び 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる