海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS イベント41 星見司資格試験:メビウスの回答

<<   作成日時 : 2006/09/19 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

○星見司資格試験(星見司のアイドレス保持国限定)
◆アイドレスにおける根源力とは何かを世界設定的に考察してください。
【事実】
・根源力の取得や剥奪は下記の手法によるところである
A:いままでAマホその他で遊んだときのリザルト(世界の指定はない)すべてを詰め込める
B:冒険、イベントによる入手
C:裏マーケット購入による配分
D:建国時に藩王が根源力2万を配分する
E:罰則などにより、根源力が減らされることがある
F:オーマネームを得るときなどに、根源力が10万となるなどの特殊措置がある
G:5万以上になると天戸・士族となる

・根源力に際して、発生する事象
a:指揮系列は根源力順に序列される
b:冒険などの参加基準(ある一定以上の根源力保持者はイベントに参加可能であるなど)
c:対オーマ戦のとき、ある一定以上の根源力を保持していなければ、目が合っただけで死ぬ
d:根源力が-1以下になるとキャラは死亡する
e:根源力は評価値には影響しない

【検証】
・検証1
事実Aでは、アイドレス以前の同一プレイヤーが使用したPCの根源力はアイドレスの自キャラに添加できる
事実Bより、冒険をすることでリザルト根源力を得ることが出来る
事実C・D・Eより、根源力は天領及び、天戸・藩王により下賜できる

これらのことより、根源力はそのプレイヤーキャラクターの天領・天戸から下賜され、またイベント参加などにより取得できる数字である。

・検証2
事実a〜dより、根源力はプレイヤーキャラクターの魂の階梯を指し示す数字として使用されている。
事実eより、根源力はキャラの能力になんら寄与することのない数字である。

・検証3
事実Fより、オーマとして目覚めた際にある一定根源力を手に入れることが出来ることがわかる。
事実Gより、一定以上の根源力保持者は天戸となることが分かっている。


【考察】
天戸は絶技戦の時が来るとオーマネームを取得するとされている。
このことから、下賜・剥奪できる天領・天戸はオーマである。
また、根源力を得ることをもってオーマに近づくことを指すと言える。

オーマが使役するのはリューンである。
そして、青がニーギにリューンを下賜したという実例がある。
検証1の事例はつまり、これと同等の事例ではないかと思われる。

また、検証2より、根源力によりキャラの地位が決まる。
検証3より、オーマになるならないの基準として使用されている。

つまり、根源力とはリューンの量を指す数値であることが予測される。

【結論】
根源力を世界設定的に述べた場合、それはキャラが保持しているリューン量に相当するものであると考えられる。


====================================================
◆ボラーの次のターゲットを考察してください。
【事実検証】
・事実1
『その表情には松井。やS43を心配するところさえあった。』
『”そこまで疲弊していたのか。そうか”』と涙を流している
このことから、より、ボラーはオーマネームの保持者を気にかけている。

・事実2:赤にして慈悲と恋仲である八神を持って、『気が変わった』『お前に力をやろう。強くなろうという気にさせてやる』と八神を殺した。
・事実3:八神少年を見て、ボラーは『まだマシなアラダも生き残っていたか。いや、違うな。その材料の一つか』と言っていることから、同様の存在がいることを指していると考えられる。

【仮説】
現状のボラーの行動目的で指し示されているものは『お前に力をやろう。強くなろうという気にさせてやる』である。
これが継続されると仮定する。

【考察】
仮定が真である場合、恋仲である八神を『材料の一つ』と評していることから、同様の存在を目標とすると考えられる。
つまり、八神の同一存在が狙われると考えられる。
八神の同一存在として確定しているのは、ヤガミ・ソウイチローである(八神少年の目の喪失に伴って、ヤガミの目の色が変わった)
http://cwtg.jp/bbs3/wforum.cgi?no=191&reno=43&oya=1&mode=msgview&page=0

【結論】
ボラーの次の目標はヤガミ・ソーイチローである。


====================================================
◆後藤亜細亜の存在する世界を推察し、過去の類似例とあわせてこれを説明してください。
電網適応アイドレス<Hello new world>(4)
http://blog.tendice.jp/200701/article_67.html
亜細亜はアイドレスをインターネットの掲示板のサイトとして、アイドレスを認識している。
そして、ヒーローゲームより亜細亜の世界を”現実”と言い表している。

【類似例1】
・まず亜細亜の世界は第1世界と考えられる。しかし、次の事象によりその仮定は否定される。
『2007/01/04 01:23とあるから、今から3日前の記事』と書いてあることから、<Hello new world>(1)〜(4)は1月7日の事象であることがわかる。
しかし、<Hello new world>(1)は1月3日に公表されている。

亜細亜の世界の1月7日の情報が我々の世界=第1世界の1月3日に見えていることになる。
このことから、亜細亜の世界は我々の世界=第1世界ではないと言える。

【類似例2】
第5世界の岩崎や瀧川、第6世界のドランジは『まるで本物のようだ』と評し、スイトピーはヴァーチャルリアリティと評している。
このことから、第5世界や絢爛世界の住人にとってはヴァーチャルリアリティに類似するゲームとして認識されている。
一方、亜細亜はインターネットの掲示板のサイトとして、アイドレスを認識している。
よって、亜細亜の世界は第5世界や絢爛世界ではないと言える。

【類似例3】
亜細亜が儀式魔術のネットサイトを見ている状況に良く似た事例は下記のURL
http://blog.tendice.jp/200512/article_98.html
[最終日 1 ゆかり戦記(1)]である。
ゆかりは儀式魔術大絢爛舞踏祭をネットサイトのイベントとして認識している。
また、ゆかり戦記の堀内ゆかりは式神世界のキャラをそれとして認識せずにゲームキャラに似た人として認識している。
亜細亜が置かれている状況にかなり類似していると言える。
このことから、亜細亜の世界は第6世界・式神世界に類似した世界(世界軌道が似通った世界)と考えられる。

ただし、式神世界は式神1=2005年7月、式神2=2006年12月、七夜月=2007年7月、式神3=七夜月以降
アプローの涙・式神コース時点で式神3後の時代である。
亜細亜の世界は2007年1月7日である。
よって、亜細亜の世界は式神世界ではない。

【考察】
以上より、亜細亜の世界は
1:第1世界ではない
2:第5世界、絢爛世界ではない
3:亜細亜の世界は”現実”に近い世界である。

つまり、亜細亜の世界の世界軌道は現実世界(第1世界)に類似したものであると考えられる。

また、亜細亜のアイドレスの認識状態と類似した堀内ゆかり(式神世界)は
4:式神世界のキャラをゲームキャラに似た人として認識している=式神の城をゲームとして認識している
5:しかし、亜細亜の世界は式神世界ではない

これより、第6世界群のひとつであることが推察される。

【結論】
亜細亜の世界は第6世界群の一つであると推察される。
そして、その世界軌道は第1世界に近いと考えられる。

【憶測】
ゲーム絢爛舞踏祭において、セプテントリオンにより第7世界が分けられたと言う情報がある。
場合によっては、第1世界に似通った世界である亜細亜の世界は、分けられた第7世界の片方かもしれない。
(第1世界と第7世界はもともと重複世界であることから)

以上

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
イベント41 星見司資格試験:メビウスの回答 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる