海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS イベント41 大吏族資格試験 回答

<<   作成日時 : 2006/09/19 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

海法よけ藩国吏族、近衛カケル、ちは、飛翔、いしころりん、青にして紺碧の5名の
連名にて提出させていただきます。よろしくお願いいたします。


 吏族チェックを複数人で効率よくつくるためには、天領−吏族−藩国間の連絡手段の確立による、時間の短縮・連携ミスの回避に重点を置いての改善が求められる。

1.天領に関する改善案
 ・事前告示による準備期間を設ける。
  →各藩による資産清算の時間を作り、吏族による予想作業時間計上のため。

 ・吏族チェック期間中に資産変動イベントを停止する。
  これは、資産変動が随時行われてしまうと、再度チェック作業が発生し、これにより締め切りの延長を申し出ざるを得ない状況が発生するためである。

 ・天領からの告示時にチェック範囲の明示。
  →吏族による予想作業時間計上及び、作業の正確性を上げるため。

 ・準備期間中よりテンダイスに天領への質問・確認用の相談窓口の設置(吏族用・藩国用)。
  これは、リアルタイムでの質問を無くし、疑問点解消のスムーズ化をはかるためである。特に、現状の
   メッセンジャーやセントラルでの質問による確認は、大人数(携帯含む)での参加を
   見据えるのなら、ゲーム的に適当ではないと思われる。


2.吏族に関する改善案
 ・吏族チェックガイドラインの作成。
  作業手順を明確化することによって、出仕に対する作業の不透明さ、作業の煩雑さをなくし、吏族出仕/希望への敬遠を回避する。

 ・チェック手順の統一
  例えば、チェック項目が上から下に流れるものであるならば、上からチェック開始する者と下からチェックを始めるものに分かれ、中央で互いのチェック項目を入れ替えるクロスチェック方式を提案する。
 ・作業マニュアルの制定
  現状、出仕のたびに出仕者が入れ替わるやり方は、出仕者の処理能力、リアル事情などで作業完了までの時間が変動する。出仕者の変更、交代による混乱を極力減らすなら、誰が出仕しても一定水準までの作業技能取得を短時間で行えるよう、マニュアルの整備は必須と考える。
 ・チェックに使用する書類の書式統一
  吏族チェック用のチェックシートの作成、チェック対象国とやり取りする際の連絡票(テンプレート)の作成集計時報告用の報告シートの作成などが上げられる。
  これは、チェック引継ぎやデータ比較をしやすくするためである。
 ・藩国向け相談窓口の設置(期間限定・現状だと吏族仮連絡所内に設置)。
  これは、資産報告書提出用及び、その後の記述ミス報告用のために設置する。
  設置場所告知の徹底は必須(藩国内へは吏族が国王/摂政/吏族補に伝達)。
  国内に外部URLリストがあるなら、そこにも追記。「場所がわからないから報告できませんでした、報告が遅れました」ということのないように。


3.藩国に関する改善案
 ・藩国からの資産報告書提出の必要性。
  吏族チェックの際、吏族/藩国両面からのデータ追跡を可能にするため。
  Excel、Htmlどちらでもかまわないが、単純に数値だけを記載するのではなく、日々の出納の変化、出納の発生場所まで履歴として残るものが望ましい。
 ・書式の統一(資産表(ページ含む)・提出書類)。
  尚書の持つ目録をベースにフォーマットを策定し、配布。可能な限りフォーマットに準拠した形を維持してもらう。藩国ごとに違ってしまうと、データ追跡が難しくなり、効率が大幅に悪くなるためこの部分の統一は必須と考える。
 ・藩国内に担当窓口の設置(イベント期間限定)。
  BBS(もしくはコメント可能なページ)及び、担当官(毎日ページをチェックしてコメントに返答可能な人間)を置く事によって、人間が常時待機していなくてもチェックをスムーズに行えるようにする(担当官は吏族補が適当)。
  なお、各国の吏族/吏族補稼動状況を鑑み、担当官はローテーション制などの導入も考えられる。
  また、担当官で回答が難しい場合でも、回答可能な者に確実に連絡、報告、リターンの手順を用意するのが望ましい。
  また、担当官の稼働時間がわかるようであれば、何らかの形で藩国内に掲示しておくことを望む。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
イベント41 大吏族資格試験 回答 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる