海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の涼華センセ070211【バレンタインキル】

<<   作成日時 : 2007/02/11 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

※このお話は、0108 No.2 伝説のケーキ作り リザルトレポートと、0108 No.2 伝説のケーキ作り 外伝をあらかじめ読んでおくと、幸せになれるかもしれません。


涼華とあおひとは、軍医会議に参加の為、関連施設へ来ていた。

彼女達が会議を終えて施設を出ると、脇の訓練場では、数名の男性軍人が訓練していた。
そこでは、怒号が飛び交っていた。

『バレンタインがなんだー!』
『チョコをもらうのがなんだー!』

と、彼等は目をぐるぐるにして、叫んでいた。
銃を片手に…。

(彼等の名誉のため、名前は伏せさせていただこう・笑)

涼華とあおひとは、そんな彼等を見て、このままじゃ危ないなぁ、と思い施設へ戻った。

調理場を借りるため。

そう、彼女達が二人揃って作るものと言えば一つ。
共和国内でも二人にしかつくれない、それは。


”でんせつのあんさつへいき”


 /※/


「こねて〜♪」
「まぜて〜♪」

二人、ノリノリである。

「この、紫キャベツをすりおろしたものを〜」
「粉マスタードをこねたものを〜」
「入れて〜」

調理場は異臭を放ち、誰も近寄らない。
何故、彼女達が平気か、というとゴーグルとマスク完備だからに決まっている。


形を調え、高性能オーブンで一分。
出来上がったものは、誰も疑うことのない、美味しそうなミートパイに見えるものだった。


切り分け、訓練場にいる、目がぐるぐる状態の男性軍人に差し入れる。






皆が、ケーキを飲み込んだ瞬間。

バタ。
バタリ…

全員が倒れ、動かなくなってしまった。


「あにゃ?」
「みんな動かなくなったにゃ」
「はにゃ〜ま、いっか」
「にゃ。それより、涼華先生。避けデパートでバーゲンやってるにゃ!行くにゃー!」
「欲しいコートがあったにゃ!行くにゃ!」

レイ何とかソードを持つちはとは違った意味で強い、この女医二人は、ぶっ倒れた軍人ほっぽって、バーゲン会場へと消えていった。


 /※/


バレンタインデーが近付く中、涼華の頭の中では、政庁・院内・天文台、とチョコを配る先をまとめ、そして。
(晋太郎さんは、お砂糖使ったお菓子は好きかにゃ?)
と、乙女モードに入り。
(うにゃ…お酒がお好きらしい『あの方』には、どうやって渡そうかにゃ…)
と、考えていた。

(涼華)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>何故、彼女達が平気か、というとゴーグルとマスク完備だからに決まっている。

こんなもんつけてミートパイ作る奴はいねぇ!(断言)
姐さんたち、計画的犯行じゃないすかorz
青にして紺碧
2007/02/11 16:48
ゴーグルはぁ〜名医の〜常備品〜♪
涼華@名医
2007/02/11 17:27
……名前が伏せられたのが逆に悲しい(ぇ
ま、一番の問題は涼華姐さんが本命チョコを晋兄に渡せるかどうかですね〜。
波多江
2007/02/11 19:41
ぶはw涼華さん仕事はやいっすねw
よっきー
2007/02/11 21:24
血のバレンタインがこの国にも(((゜Д゜;)))
近衛カケル
2007/02/11 22:41
チョコレートケーキ、美味しかったですよ?(なんでかちょっと記憶飛んだけど)/機会があればまた作って下さいね♪
りゅうへんげ@わかば
2007/02/12 18:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の涼華センセ070211【バレンタインキル】  海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる