海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS 避け藩国・国設定

<<   作成日時 : 2007/01/02 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

避け藩国ってどんな国?

避け藩国・国設定のページ



○国名
にゃんにゃん共和国群避け藩国

○国土
海法よけ藩国は海に浮かぶ島である。一応の地図はこのように作成されているが、年中発生する蜃気楼と、にゃんにゃん共和国の気質のため、正確な地図は用意されていない。
一応のサイズとしては、平均的伯爵領とする

○人口
 不明、移動することが多いため、村や、都市単位などで政庁には登録されている。
 しかし、外部の人間に対しては持ち前の避け気質でまず、遠回しに接触することが多いため、意外と監視の目が強い。

○政治
 立憲君主制、議員が議会で法案を作り、審議、国王承認という流れ。
 ただし、現状の国家危機に対して、国王がかなりの指導力を発揮する事が多い。
 このことは毎回議会などで問題になるが、解決の見通しは立たない

○言語
 国民のほぼ全てが、共和国語を主要言語とする、ただし避け国人はよく避ける、弾幕という言葉を多用する
「彼女にさあ、子供ができちゃって。この弾幕はよけきれねえって思ったよ」
「また、天気によけられちゃったよ、最近洗濯物が乾かないなあ」

○気候
温暖、定期的に台風などがきたりもする。
また、一部地域では大量の雨などにより、常時蜃気楼などが発生する地域もある
また、山岳部などには吹雪なども多い。

○軍事
 不明、避け藩国は人口などと一緒に軍事には秘密主義を貫いている、ただし一説では把握してないんじゃないかなどとも言われている。
 特徴的な兵種として、事務戦闘型理力使いや、猫医師師団などがあげられる

○産業
 主な産業は技術開発や、観光
 大型の工場や大規模な開発などを国土の問題で実施できない避け藩国では、技術開発等がさかんであり、非常に貪欲、各共和国藩国企業からの提携なども多い。

○宗教
国家レベルでの信仰はないが、多くの国民は避けに冠する哲学を追究する姿勢がある。
 ただし、例外もまた多い
 主な避け哲学
攻的避け思想アインバッハ派
防御的避け思想エリツィン派
半永久的避け思想ゴルビー学課

○外交
一度は避けるが避け官僚の基本スタイル
 正面から物事を行うには非力であるとの自覚から、回り込み型の援護や、特殊な観光業務などの提携を好む。
 また、近年藩国王が他国に無断で侵入しているとの批判に対し、それは避け国に生息する珍獣避け猿であり、発見次第保護して我が国に送り返して頂きたいと避けたのは象徴的である

○避け国動物事典
【避け猿】
 近年観測された避け国珍獣認定種
 避け藩王によく似た外見をしており、特徴として
・ペンを手に持ってグルグル回す
・突如得体の知れない言葉を喋る等があげられる
他に同一の個体がいないことから保護が急がれており、主に酒などを用意すれば確保できるのでないかというのが研究機関の発表もある
 出張鳥との関連などもウワサされる

○備考
避け国は、未だ国難から完全に立ち直ったとはいえず、内外に問題を抱えている。
 しかし、国民は国難を愛し、それらを多彩な手段で解決することに情熱を感じている。
 避けよ、さすれば前身せん。
 避け藩王海法の言葉である(嘉納)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
避け藩国・国設定 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる