海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS 法官試験回答:サク

<<   作成日時 : 2006/09/26 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

≪設問1 なぜ法をもて人を管理する必要があるかを答えなさい。≫
各人が、それぞれが持っている価値観に拠る基準で自由に行動すれば、必ずどこかで衝突が起き、混乱・争いの元となる。それらを防ぎ社会的秩序を保つ為、法をもて人を管理する必要がある。


≪設問2 未必の故意とはなにか、答えなさい。≫
その行為によってもたらされる結果に、ある程度確信があるにも関わらず、
そうなっても構わないと思いながら行動すること。


≪設問3 殺人を犯したのに死刑ではなく懲役刑になることが多いのはなぜか、答えなさい。≫
死刑判決を下せば更生の可能性も失われてしまう為。
(殺人=死刑となると、裁決を下した者が殺人行為を行うことになり、法自体が矛盾を抱えているという問題もある)


≪設問4 アイドレス世界での標準的な罰則金の額を答え、増減の仕組みを説明しなさい。≫
(以下、金額単位はにゃんにゃん/わんわん)
標準的な罰則金は−10億。
自己申告・調査に協力的である場合は半分〜1/3(−5億〜−3億)に軽減される。
これとは逆に、非協力的である場合、3/2〜(−15億〜)と罰則金は増額される。
更にルールから大きく逸脱する不正行為の場合は、より重い罰則金が課せられる。


≪設問5 法を厳しく適用する場合のデメリットと、法の適用を機械ではなく人間が行う意義を答えなさい。≫

・厳しく適用する場合のデメリット
法は社会的秩序を保つ為のものであるが、あまりに厳しく適用されると、それを遵守することに囚われてしまい個人の選択肢・自由意志まで制限されてしまう。

・法の適用を機械ではなく人間が行う意義
現実に発生する状況には、法で定められた規定から外れていたり、叙情酌量の余地があるなど、単純に規約に従うだけでは裁定し切れない場合が数多く存在する。それらの状況下では法で定められた規則が正しく働くとは限らず、機械的に判断していては現実にそぐわない判決を下されてしまう可能性がある。そのような場合には状況に応じて人間が判断する必要があり、それが人間が法の適用を行う意義であると言える。

回答者サク@海法よけ藩国

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
法官試験回答:サク 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる