海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS 星見司試験:メビウス

<<   作成日時 : 2006/09/26 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◆設問1 星の寓意を実例3つ以上あげて説明しなさい。
<実例>
1.トーゴの台詞:「火を消しなさい。星を見るには、まず、夜が暗くなくては」
http://blog.tendice.jp/200701/article_15.html
2.「心が曇ったら、澄んだ空や輝く星を見なさい」猫がそうしゃべったので、びっくりした。
東郷の台詞:「心が曇ったら、澄んだ空や輝く星を見なさい。貴方の澄んだ空や輝く星が、それが何かは知らないが」
http://blog.tendice.jp/200701/article_99.html
3.「本来はそのバランスを取り戻すための存在がいる。どこの世界にも、何もなくても、本来は人がいるその限り、それは夜が暗ければ暗いほど、闇が深ければ深いほど、天に星が輝きだすそのように、にれの木の木陰から出てくるものだ。事実はどうあれ、さも当然というように」
http://blog.tendice.jp/200701/article_107.html

<検証>
実例1より、星を見るには暗くなくてはならないことが示されている。このときトーゴは「私の心は曇っている。だから輝く星を見ている」と言っている。
実例2より、輝く星は心が曇ったときに見るように示唆されている。
また”貴方の澄んだ空や輝く星が、それが何かは知らないが”より、星が天に輝くものと言う意味だけでなく、何かの象徴であることを示している。
実例3より、ここでは”人の悪が生んだ災いは人の善がこれを収める”の言葉どおり、人が産んだ災いを収めることをもって「闇が深ければ深いほど、天に星が輝きだす」と言っている。

実例1〜3より、人の心が曇ったときに見るのが星であり、星が輝くことを人が産んだ災いを収めることに類似させている。
このことより、人の悪を収める善を指し示していると考えられる。

<結論1>
星の寓意は心が暗くなったときや悲しみに包まれたときに、その暗闇の中で輝く存在である。
つまりそれは人が生んだ災いを収める善なるものである。

備考:これはRtGの表現を使うならば、闇を払う銀の剣。闇の中で尚輝きを増す存在と言える。
銀剣は聖剣であり、聖剣を持つのはヒーローである。
つまり、よきゆめ、良き神々を象徴していると考えられる。

========================================================
◆設問2 瞳が青いの寓意を実例3つ以上あげて説明しなさい
<実例>
・Aの魔法陣のルールブックより:青い瞳はリューンが顕在化した証拠
・瀧川の目が青い色に瞳が染め上がった。http://blog.tendice.jp/200602/article_8.html
・RtGより『対峙するブータは瞳を開いた。闇がくらければくらいほど、それは青く青く輝いていた。ブータの背後に猫神族が整然と整列した。前脚を組む。青い輝きが一斉に広がる。
 神々は目を開き、永劫の闇を抜けて、今再び、あしきゆめと対峙した。その数は哀れなほど少なかったけれど、善き神々が 戻ってきたのは確かであった。』
http://www.alfasystem.net/novel/return/18-5.htm
・アザント討伐戦外伝 赤鮭・香川救出篇(2)
帽子から小さく見える薄目をあけて遠い未来を見るロボの瞳のその全体が青く青く輝き始めた。
その輝きは豪華絢爛なるものにして、それはロボが生まれる前からずっとそうであったように、絶望の天敵として闊歩をはじめていた。
http://blog.tendice.jp/200612/article_1.html
・竹内の瞳が世界移動後に青くなる。http://blog.tendice.jp/200603/article_48.html

<検証>
1.Aの魔法陣のルールブックより:青い瞳はリューンが顕在化した証拠であるという。
2.瀧川の瞳が青く染まった例を見るに、その前述の文では『瀧川は戦車へのこだわりを捨てた。自らの安全へのこだわりを捨てた。格好へのこだわりを捨てた』とある。
その行動は通常ではなしえないほど一途に何かを為す行為を行うときに瞳が青くなることが示されている。
3.瞳のその全体が青く青く輝いた状態を持って、絶望の天敵と表現している。
4.RtGのブータは善き神々として戦列に加わっている。そして『闇がくらければくらいほど、それは青く青く輝いていた』という表現がなされている。
5.竹内は青い瞳と表現されている時点で世界移動存在であった。

<考察>
1.青い瞳はリューンの輝きであり、リューンが活性化していることを示している。
2.検証2より、常ではなしえないほど一途に何かを為すときに瞳は青く輝くことが示されている。
3and4.瞳のその全体が青く青く輝いた状態を持って、絶望の天敵と表現していること。
また、青い瞳は闇が暗ければ暗いほど輝くこと。また瞳が青い輝きを放っている善き神々があらわれたことをもって『善き神々が 戻ってきたのは確かであった』とされている。
絶望(あしきゆめ)と戦う善き神々(善き行い)を指し示すものと考えられる。
5.世界移動したものの瞳が青いことが描かれている。つまり、青い瞳は世界移動者を示唆するものでもある。

<結論2>
瞳が青いの寓意はリューンの活性化を指し示しており、引き起こされる事象は『善き行い・善意』に相当するものであることが伺える。
これはあきらめずに一途にことを成し遂げようとしている様を表す表現でもある。
また、その人物が世界移動者であることを指し示す叙述としても用いられる。

予測:リューンの活性化がWTGへの介入(歴史の改変)を意味するならば、青い瞳の叙述は悲しい歴史を改変する善なる行動を起こす際の表現であるとも考えられる。

========================================================
◆設問3 にれの木の木陰の寓意を実例3つ以上あげて説明しなさい。
<実例及び検証>
1.それは古の昔から連綿と続く甘き声。歌、踊り、不思議な祭に並んで最も原始的な、人が”妖精”を呼ぶやり方だった。
 その声があるその限り、”妖精”は老いることも死ぬこともなく、現れるのだ。
どこからともなく、さも当然のように。にれの木の木陰から、アップライトの筐体の陰から。それは来るのだ。それがルールだという風に。
http://blog.tendice.jp/200512/article_12.html
※このあと、レイカちゃんは世界(時間?)を越えてセプテントリオンに殺されそうになっていた瀧川を救出した

2.にれの木の木陰から続々と姿を現したのは真琴中隊の第4小隊、第5小隊、第6小隊の面々である。
http://blog.tendice.jp/200612/article_101.html
※このとき、真琴中隊は困難を越えて、瀧川防衛戦にたどり着いた。
(尚、これら部隊に介入したのは第7世界のプレイヤーであり、世界を超えて援軍を送ったとも言える)

3.「本来はそのバランスを取り戻すための存在がいる。どこの世界にも、何もなくても、本来は人がいるその限り、それは夜が暗ければ暗いほど、闇が深ければ深いほど、天に星が輝きだすそのように、にれの木の木陰から出てくるものだ。事実はどうあれ、さも当然というように
”それでもましなのだ。人間以外の物に、返させようとするよりは。”
 咲良は目を大きく開けて、そして瞳の焦点をあわせた。
あるいは谷口に返させるよりは。
 咲良は歩き出した。雪をかきわけ、にれの木の木陰から現れるように。
http://blog.tendice.jp/200701/article_107.html
※ここでは、『にれの木の木陰から出てくるもの』が”人の悪が生んだ災いは人の善がこれを収める”の言葉どおり、人が産んだ災いを収める存在であることが示されている。

1・2より、にれの木の木陰から誰かを助けるための援軍が来ている。
3より、にれの木の木陰から現れる存在は人が産んだ災いを収める存在である。

<結論3>
にれの木の木陰の寓意は、あらゆる困難を越えて(または世界を超えて)、人が産んだ災いを収める存在(善なる存在)が来たことを指し示す物語的叙述である

========================================================
◆設問4 投票ボーナス4 谷口&咲良に寓意があることを推定しなさい。
<事実>
基本情報ソース=設問の該当URL:http://blog.tendice.jp/200701/article_107.html

・事実1
谷口は”大きな背中が、あんなに縮んでいる。”状態であり、”見てられない”ほどの状態であった。

・事実2
「本来はそのバランスを取り戻すための存在がいる。どこの世界にも、何もなくても、本来は人がいるその限り、それは夜が暗ければ暗いほど、闇が深ければ深いほど、天に星が輝きだすそのように、にれの木の木陰から出てくるものだ。事実はどうあれ、さも当然というように」
「それは」
咲良が震える声で尋ねると、空先生は優しく言った。
「それに名前を名づけるのが石田咲良、お前の運命だ」

・事実3
”それでもましなのだ。人間以外の物に、返させようとするよりは。”
 咲良は目を大きく開けて、そして瞳の焦点をあわせた。
あるいは谷口に返させるよりは。
 咲良は歩き出した。雪をかきわけ、にれの木の木陰から現れるように。


<検証>
事実1より谷口は心が曇った状態にあることが示唆されている。
事実2より、石田咲良は人がおこした災いを収める善なる存在に名をつける存在であることが記述されている。
事実3で石田はにれの木の木陰から現れるように現れている。設問3より、にれの木の木陰から現れるのは善なる援軍である。
つまり、石田咲良が善なる存在(または"星")として現れたことが示唆されている。

これらの検証を纏めると、谷口の心が曇ったときに現れる輝く星が石田であることが示されている。
”星”をヒーローとするならば、それにより救われるのはヒロインである。

<結論4>
[投票ボーナス4 谷口&咲良]は谷口と咲良の関係を描いた物語であり、ヒーローとヒロインの存在の寓意であると推定される。


========================================================
◆設問5 投票ボーナス4 谷口&咲良の寓意はなにか。
結論4より、谷口&咲良はヒーローとヒロインの存在の寓意であると推定される。
ここで下記の記述が存在する。

≪事実確認≫
・事実1
http://blog.tendice.jp/200512/article_4.html
今作のヒロインの名前を、谷口竜馬と言う

・事実2
竜と本来戦う、勇敢でふわふわでにゃーとなく、そう言う生き物だった。

・事実3
ステージ2 イベント23 にゃんにゃん共和国宝くじ
”当たったら、なにを、かおうっかな”
”貯金させます”
咲良猫と谷口犬のデートの模様 91107002

≪検証≫
事実1より谷口はヒロインである。
事実2より、竜と戦うのは猫である。(※竜と戦うのはHEROである。猫は竜と戦うもの=HEROであるといえる)
事実3より石田は猫である。

事実1より、ヒロインは谷口である。
事実2・3より、ヒーローは石田である。

≪結論≫
[投票ボーナス4 谷口&咲良]はヒーローとヒロインの存在の寓意であると考えられる。

≪予測≫
尚、現在、猫と犬は戦争状態にある。
石田が猫で谷口が犬であることから考えて、ヒーローとヒロインが争わなければならない関係(ロミオとジュリエットの関係?)にあることもまた示唆されているかもしれない。

以上

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
星見司試験:メビウス 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる