海法よけ藩国/電網適応アイドレス

アクセスカウンタ

zoom RSS アイドレス一覧(職業)

<<   作成日時 : 2006/12/26 07:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【現在のアイドレス】
◆アイドレス評価値一覧
アイドレス名体格筋力耐久外見敏捷器用感覚知識幸運近接装甲遠距離
森+星+整+テストパイロット-1-3-110434-3-2-12
森+猫+医+名医-2-2-222422-2-2-22
森+吏+理+理力建築士-2-3-3103350-3-32


◆アイドレスリアルデータ一覧
アイドレス名体格筋力耐久外見敏捷器用感覚知識幸運近接装甲遠距離
森+星+整+テストパイロット0.70.30.71.515.13.45.10.30.40.72.3
森+猫+医+名医0.40.40.42.32.35.12.32.30.40.40.42.3
森+吏+理+理力建築士0.40.30.31.513.43.47.610.30.32.3


※うにょさん専用(技は感覚強化)※
アイドレス名体格筋力耐久外見敏捷器用感覚知識幸運近接装甲遠距離
北国人+整備士+パイロット0-1-11-1123-2-1-11
リアルデータ1.0 0.7 0.7 1.5 0.7 1.5 2.3 3.4 0.4 0.7 0.7 1.5




○森国人+星見司+整備士+テストパイロット


クリックして原寸大
(からす)

『あのさ、おまえ、今の仕事とパイロット、どっちが好き?』

『………パイロットに決まってる。もう一度、I=Dに乗れるなら、
なんだってするし、なんだって犠牲にする』

『そっか、うん、そうだよな。あ、俺今度所長になったわ、パイロット育成所の。
うわはははははは、おまえは一生地を這ってろ!』

『わざわざケンカ売りに来たのか、あんたは!買ってやるぜケチョョョョョウ!』
〈あるメイドが聞いた高級官僚同士の会話。発言者は機密保持法によって情報秘匿〉

「ぼかぁね、パイロットになりたかったんだ。I=Dに乗ってね、こうね、こうね!」

 執務室で空とパイロットへの憧れについて熱く語る摂政:嘉納。
 それを聞かされ、ぐったりとなる秘書官。
 摂政の熱意は理解したものの、仮にも国のNo.2が自ら開発機に乗ってしまうのはあまりにも危険だ。
空で華々しく死にたいというのなら、開発の完了した機体に乗せたほうがまだましというもの。
そのほうが墓碑としてはよほどふさわしかろう。

 ――だから、開発中の機体は、別の人間を乗せよう。
 ということで、よけ藩国では急遽、試作機に乗るテストパイロットの育成を開始した。


 まずは人員の確保だ。

 条件としては、過酷な環境でも仕事が可能であり、強い意志力を持ち、
なおかつ挑戦意識にあふれ、機体を熟知する人材が求められる。

 ということで、塔の中でも野生化せず、閉鎖区画のある塔の中でも何時間でも働く
整備士と、何時起こるか分からない変化を何時までも待って、手柄にしようとする星
見司から活きの良い若手を拉致、いや勧誘した。
 その上で一日かけて洗脳、もとい懇切丁寧に説明を繰り返し、希望進路を変えさせ
た。これで、精鋭の確保に成功した。

 彼らは出自が整備士や星見司であるため、計器のパラメーターや機体設定、周囲の
状況把握には詳しい。まぁ、それはテストパイロットの資質としては必要なものだ。
 だが彼らは、次々と機体限界に挑戦し、『宇宙でも起動できるなら水の中でも動け
るはずだ』などとほざいて海につっこむなど、設計者達の想定外事項をガンガン実行
する。
 これは“ダメージを食らっても最悪機体さえ無事ならむしろやる気になる”と言う
習性の表れで、まさに“大人げない大人の姿勢”そのものである。

 だが、彼らとて国費を費やして馬鹿なことばかりをしていたわけではない。

 オート制御機能が作動しなかったときのマニュアルでの処理方法、長時間着座した
状態での居住性、脱出機構の徹底的物理強化など、操作性や危機管理に対する徹底的
な挑戦も行われた。馬鹿をやる反面、テストパイロットとして必要なデータ収集も
行っていたのである。

 彼らの熱意は機体設計へのフィードバックにも及んだ。パーツ構成の簡略化で整備
性を向上、ショックに対する衝撃吸収性の確保のため金属剛性の変更を指示する
など、様々な分野にもよい影響を及ぼしている。

 ちなみに各種条件を想定し、時には最悪のコンディションでもテストフライトを行
う場合を考慮して、多くのテストパイロットは格納庫に泊まり込みとなった。最初に
支給されるアイテムが寝袋という有様だが、大概の者は特に文句も言わずに従ってい
る。

 テストパイロットである彼らは、母体となった星見司の伝統を受け継いでワッペン
制を採用しており、ワッペンの意匠は所長命令で“帽子をかぶった犬”にされている。
藩国はにゃんにゃん共和国に属して、猫の旗を掲げているため、この図柄がどうして
も受け入れられない者は、ワッペンを自分の机などに貼ってごまかしている。

(嘉納)

希望に燃えるテストパイロットの森国人。足下に積み重ねた本は日々の勉強の証しである。整備士であるその身は機体の癖を日々学び、星見司であるその目は空と天候に敏感である。
国土が山、森林の多い海法よけ藩国では、テスト飛行場も森中に建設されている。
左に見えるのは、新型機の格納庫、中央が、整備工場である。いずれも岩山内部に作られ、上空偵察に対し、偽装されている。なお滑走路をどうしてるのかは国家機密である。
右奥とおくにみえるのは天文台。
(遺跡天文台、岩盤整備工場については、前アイドレスに詳細あり
http://eyedress.at.webry.info/200612/article_4.html

◆森国人:・長い耳・長い髪(男女とも)・やせぎす・皮の服装
◆星見司:・望遠鏡・本
◆整備士:・整備道具・手袋・ツナギ
◆テストパイロット:・バインダー・レザージャンパー・飛行ヘルメット
≪周辺環境≫・格納庫・天文台・整備工場

○森国人+猫士+医師+名医


(あおひと)
森国人の名医。手術台も病室も木製で、木の暖かみを感じさせると評判。
シースルーの手術服に、皮(レザー)のビスチェとガーターのあたりが特に
名医……ではなく、右上に飛ぶ火花に注目せよ。
瞑想通信を介したマザーコンピュータ「ぜのすけ」との連携こそが名医の証しである。

(マザコンの「ぜのすけ」については、こちら
http://eyedress.at.webry.info/200701/article_1.html

◆森国人:長い耳・長い髪(男女とも)・やせぎす・皮の服装
◆猫士:猫耳・尻尾
◆医師:白衣・メス
◆名医:ゴーグル・マスク・手術服

≪周辺環境≫・病院・手術台

【よけ藩国医師が名医たる理由】

1.動植物の利用

よけ藩国は森深き地である。
大型の哺乳類こそ生息してはいないものの、
古来より動植物の種類が多く豊かな生態系が築かれている。
また、それらを用いた民間療法には枚挙に暇がない。
例えば、島全体に広く自生する植物であるところの「ヨケチャイロツルクサ」の根茎は、
生薑に似た作用があるとして広く用いられている。

よけ藩国ではそれらの動植物に注目し、長く官民上げて研究を続けてきた。
その、近年の成果の最たるものが「避けろキノコ」の薬用成分の抽出成功であった。
避けろキノコはそのまま食すと強い幻覚を引き起こすなど危険な毒キノコであり、
まれに死に至るケースもある。
しかし、その薬用成分はうまく用いれば麻酔から向精神薬の精製まで、
幅広く利用できることがわかったのである。

これら動植物を用いた医薬品の開発は藩国の医療技術向上に大いに貢献し、
患者の負担減少に役立っている。


2.知識の共有と有効な訓練

問題の共有とそれに対する対策に全体で取り組むことこそが、
技術の進歩に繋がるのである。
よけ医師会では、理力使いと協力し、高度な瞑想通信技術を用いて
手術などの状況を視覚共有し、日々症例研究に余念がない。
瞑想通信技術によって、医師の主観による状況説明が可能となり、
それが同僚の医師による客観的な判断を可能とした。

また、同じく理力使いとの協力で接続された、マザーコンピュータ「ぜのすけ」も、
比類ない演算能力を利用した、仮想現実による医療訓練によって高い成果を
上げている。
人体の細部までを完全に再現し、あらゆる医療上のアクシデントも再現可能である。
これを用いた研修によって、よけ藩国では共和国随一とまで称される
医療教育制度の構築に成功した。

これらの体制によって、難解な手術や難病をものともしない医師が多く生まれている。


/*/

以上のように、身の回りの自然から学び、弛まぬ努力によって技術を磨くという、
よけ医学精神は揺らぐことなく次代の医師へと受け継がれている。
そして忘れてはならないのは、医師ひとりひとりが患者の不幸をよけるために
日々全力を尽くしている、ということである。

 “よけ医師会にはタブーは存在しない。患者の為に最善と思うことを為せ。”

それが唯一のルールである。
倫理的に問題があると思われるときは、「ぜのすけ」に訊けばよいのだ。
曖昧に判断してくれるだろう。

医は仁術という。それこそが名医の資格なのである。

(結城洋一)

○森国人+吏族+理力使い+理力建築士


(涼華)
理力建築士達の職場の様子。瞑想通信を利用した仮想空間で、理力士、理力建築士達が協力作業をしている。
右上のスクリーンは家を建て増す村の一風景。左上のスクリーンに映っているのは、改築中の政庁(よく藩王と摂政が喧嘩して壊すらしい)。

◆森国人:・長い耳・長い髪(男女とも)・やせぎす・皮の服装
◆吏族:宮廷服
◆理力使い:長い杖
◆理力建築士:・建築図面・小さい杖
≪周辺環境≫・浮かぶ巨大な石・魔法陣・政庁

ここは、とあるスタジオ。
話題の番組『法子ちゃん外伝 超航空少女・海子ちゃん』のおまけ部分を収録すべくスタッフ達が準備を行っている。

ちなみに、『海子ちゃん』はもともと紙媒体での連載物だったが、今流行の“メディアミックス”に乗り、瞑想通信を利用して、番組が放映されるようになった。


――頭にわっかをつけ、どこかの陸軍風野戦服をを着た少女とまだら色の蛙がテーブルに座ってカメラ目線。ADの合図とともに、タイトルコール――

『法子と』
『メビガエルの』
『『海子ちゃんサイエンスノートー!』』

――画面にでかでかと、『海子ちゃんサイエンスノート』と表示される――


『はーい、よい子のみんな!今日の“海子ちゃん”面白かったね』

『面白いと言えギャン』

『ねえねえ、メビガエルくん、聞いても良い?』

『良いと言わなければいかんギャン。上官の命令だギャン』

『その新しい語尾、じゃなくて、今日久しぶりに登場した長門先輩、飛行機のお母さんになったじゃん?』

『そうでギャン』

『あのとき、先輩に滑走路とか、つけてたよねえ。でも、でもクレーンとかなくて、代わりにこう、ドレスをきた人が、短い杖をびゅんとバーンってなって』

『びゅんとかバーンじゃ分からないギャン。ちゃんと説明するギャン。つまり装甲を張り直していたりしたのは誰かって事ギャン』

『そうそう』

『あれは、理力建築士ギャン』

『?? なに、それ?』

『ギャンギャン、理力を使って、建物を造ったりする役目だギャン。でもそれだけじゃないギャン。お役所の所属で僕たちの生活と密接に関わってるギャン』

『それ、鳴き声だったんだ………。んー、じゃあ、その理力建築士についてくわしく教えてくれる?』

『まかせるギャン、理力建築士は、最近正式に認可された職業ギャン。この前の北海島戦線、覚えてるギャン?』

『覚えてるよー』

『あの戦いで軽い装甲板の作り方とか、建築技術とかが色々分かったからだけど、似たような仕事自体は昔からあったギャン。管轄は主に吏族で、腕の良い理力使いが建築学その他を勉強してなるものだギャン』

『例えば?』

『城下町をどうしても緊急で固定しなければいけないときなどが彼らの出番ギャン。薄くてもろい装甲のつなぎ目を固定したりして、大型の建築機械が通れない場所で作業したり。でもそれだけじゃない、彼らの真価は災害時などにも発揮されるギャン』

『ふむふむ』

『洪水があると聞けば、川に臨時でダムを造って水害回避。山崩れが起きそうと聞けばすかさず保全作業。地震があって家が壊れたと聞けば、その辺の木々を使って仮設住宅をぱぱっと造り、戦場があると聞けば陣地構築の為に資材を投げたりと、とってもえらい職業なんだギャン。外見は理力使いとよく似てるけど、彼らはたいてい建築用の図面と、いつもの長い杖の他に作業専門で短い杖を持っているギャン』

『すごいねえー!! いいなー、私が満州にいるときにいてくれたらなあー、右手に99式一丁片手に持ってー、おとせ要塞犬帝国ー! ねらえー、ねらえー、205高地ー、あそこが落ちればおしまいだー!』

『あーあー、法子ちゃんの満州フィーバーが始まっちゃったギャン、今週はここまでギャン、また来週も見てねえーギャン』 


――エンドクレジット――
(嘉納)




【基本アイドレス】新しい職業を付加してない状態を選べる場合(未確認情報)はこちらをベースとして考える
◆基本アイドレス評価値一覧
アイドレス名体格筋力耐久外見敏捷器用感覚知識幸運近接装甲遠距離
森国人+星見司+整備士-1-2-110223-2-2-11
森国人+猫士+医師-2-1-222121-1-2-22
森国人+吏族+理力使い-2-2-2102230-2-21


◆基本アイドレスリアルデータ一覧
アイドレス名体格筋力耐久外見敏捷器用感覚知識幸運近接装甲遠距離
森+星+整0.70.40.71.512.32.33.40.40.40.71.5
森+猫+医0.40.70.42.32.31.52.31.50.70.40.42.3
森+吏+理0.40.40.41.512.32.33.410.40.41.5


○森国人+星見司+整備士

絵に必要な設定
森国人:長い耳・長い髪(男女とも)・やせぎす・皮の服装
星見司:望遠鏡・本
整備士:整備道具・手袋・ツナギ





 避け国の将来を担う若き技術者です、持ち物から察するにまだ、下っ端のようで、明確に整備士か、星見司かは決まっていないようですね。
 これらの作業着を基本的な制服で、この青年より少し上の技術者になると、胸に「探しているもの」を象ったワッペンがつきます、一般の技術者はよく星のマークをつけており、中には氷をまとった少女など、本人しかわからないワッペンをつけるものも多いです。
 藩王にして、星見司総取締の陛下は胸に水をまとった少女のワッペンをつけていますが、それがなんなのかは藩王しか知らぬと言われています。
 整備士達は、大規模な工場などが作れないこの国の事情にあわせて、ミリ単位の技術や、プログラミングなどで他国に先駆けることを目標にしています、そのため他国から余り表に出したくない機材が壊れた時などは修理を頼まれたりすることもあり、そういった環境によってますます技術が高まる循環。
また地下では密かに超精密レーダー搭載の空間探索用RBを作っているなどのウワサもありますが、それこそパーツ分割をよほどうまくやらない限りは地下のあのスペースでの開発は難しいでしょう。
 整備士は年齢が上がる事に職人気質になっていくのも特徴です、避け整備士は己の技術の粋を尽くした悪戯を好むため、うっかり自分の機材をほったらかしておくと、熟練整備士達による記憶が無くなるほど壮絶な改造が加えられます。
 このためベテランになるほど、自分の機材の整備には慎重でうっかり新人が触ろうものなら「俺の望遠鏡にさわるんじゃねえ!!」という言葉とともに、拳が入り塔からバンジーで落とされたり、近年では、これを新人歓迎の儀式にしようという動きも出ているため注意が必要です。
 一般的に新人は雑用や使いパシリをしながら仕事を覚え、2、3年で、どちらの仕事を中心にするか決めます。

●背景
・整備工場(整備士)


岩山内部に偽装された避け整備工場。

・天文台(星見司)




【要約】
古代の遺跡(インカ文明のもの?)を改装して建設された天文台である。
森に囲まれており、上空からは唯の古代遺跡に見える。
昼は古代遺跡を観光に、夜は天文台として星を見るスポットとして藩国の観光名所でもある

【通常運用】
◆昼の運用
古代遺跡の観光名所として昼間は一般開放されている。

◆夜の運用
星見司や天文学者たちが星見を行い、星詠みや天文学の発展のために日夜努力している。
尚、公休日・及びその前夜は一般公開され、天文好き・星好きの一般の方に星を見せるサービスを行っている。
※但し、天文的イベント(流星群や彗星発見など)が発生した場合は一般公開に制限がかかり、学術が優先されるので観光客は予め天文台の状況を把握しておく必要がある。

【天文台周辺施設】
◆店舗
周囲には森を壊さないように配慮して、店舗が並んでおり観光収入源の一つとして藩国に役立っている。
その他、天文台で宿泊している学者など&一般客のために一般生活用品なども小規模ながら販売されている。

◆宿泊施設
学者たちが宿泊施設が施設内にある。
同様に上述の天文台を利用する一般客用の宿泊施設もある。

◆食事
天文台内部施設に食堂がある。
出される食事は食堂の料理人に一任されているが、一般客が来る公休日は食事が豪勢になる。
学者たちはこの日を楽しみに日々をすごしている。

【軍事運用】
日中は遺跡の展望台から、周囲を見渡す見張り台として機能する。
夜は天文施設を利用し、上空監視を行う。
その他、飛行物体を捉えるための各種レーダーが施設内にあるため、緊急事態時には藩国の『目』としてレーダーがフル稼働されることになる。

【その他】
◆遺跡を利用しているため、考古学者が訪れて調査を行うことがある。
偶に考古学フィーバーすることがある
◆遺跡を利用して立てられたこの天文台では学者の間では『遺跡パワーだよ!』といわれる各種不思議な出来事がある。
例えば、宇宙と交信出来たという人が現れたり、未来予知をする人が現れたりする。
これら不可思議な現象が重なっていることから、不思議の天文台としても有名である。
尚、一時期宗教フィーバーも発生したが事件に発展したため、今では宗教活動は禁止されている。


○森国人+猫士+医師
絵に必要な設定
森国人:長い耳・長い髪(男女とも)・やせぎす・皮の服装
猫士:猫耳・尻尾
医師:白衣・メス



”私に避けられないものは何もない”
「最初の第一歩は、諦めないことだ。私に避けられないものは何もない」
「だから誰かの不幸も避けられると思う」

海法王が発したというこの言葉は、
海法避け藩国の医療関係者の誇りとして胸に抱かれているという。
そう、海法避け藩国の医師達は、患者の最後を避けるためには、常に粘り強く、あきらめない。
メスが、薬が、その魂が、あらゆる病魔よりも強いことを証明するために。

【外見・特徴】
海法避け藩国では、猫士が医師を兼任するのが一般的である。
それは、避け病院を守護する危機よけ猫神様の加護のためだとも、病院前のキャットニップに惹かれてだとも、
過去に交わされた盟約のためだとも言われているが、真相は定かではない。
しかし、その能力は折り紙つきで、特にその鋭敏な感覚は病気の早期発見を可能とし、治癒率を大幅にあげている。
またその愛らしい姿は、ややもすると落ち込みがちな患者のメンタルケアに一役買っているという。
猫耳、尻尾から毛が落ち、衛生を損なうのを避けるため、猫士医師はブラッシングには気を使い、
院内では、見た目上は生耳や生尻尾と差がないキャップを着用している。
海法避け藩国の革加工技術の高さが、白衣やこのキャップなど、衛生的かつ細緻な衣装を可能にしているのである。

【業務】
猫士医師の業務は、医療事務、病理研究、治療行為等多岐にわたるが、
特徴的なものとして、有事の際の戦闘行為がある。
医師としては病巣を見逃さない鋭い感覚は、敵を発見する目になるのである。
コパイロット、オペレーターとして、敵情報を完璧に把握し、
逃げる侵入者はその敏捷性でどこまでも追い詰める。
そして、医師として、人体の全てを知り尽くした猫士医師の猫パンチ(猫メス)の一撃は、
正確に敵の急所をしとめるという。
だが、医療行為に従事する彼ら、彼女らは、敵の命を奪うことも避けるべきとして、
殺害は最小限にとどめる努力を日々怠らない。
全ての不幸を避けるため、猫士医師は日々様々なものと戦っているのである。

●背景
病院(医師)



○森国人+吏族+理力使い
絵に必要な設定
森国人:長い耳・長い髪(男女とも)・やせぎす・皮の服装
吏族:宮廷服
理力使い:長い杖
吏族理力使い吏族+理力使い


 「兵士は立ちふさがる者避けん」
 現場と事務、所謂書類組の齟齬はいつの時代でも消して無くならないものだが、こと、高速で避けまくって、ボムをばらまいてぬけきる事を得意とする避け国ではコレは深刻な問題である。
 様々な手段が講じられたが、いまいち成果は上がらなかったし、そもそも会議がマト元に運営されることがまれという壮絶な展開が続いた
「えーい、がたがた抜かすな、戦いはは会議室でおきてるんじゃない」
「やかましい、野蛮人共が! 戦争は机の上で毎日書類仕事するからできるんだよ」
 という不毛なやりとりが続いたが、鉄拳、政争、土下座、友情、夕日の和解、裏切りと真の友情の締結というプロセスをへて、のべ4人の事務職と三人の兵士を避けの塔送りにした結果、一つの結論がでた。
 それは、事務ごと現場に連れて行くという荒技であり、当初は事務型の反対も予想されたが、挑戦されればあとにはひかないのが避け国民、国をあげて凄まじい勢いで事務職の若手を指導し、戦場対応事務理力使いという、新たな兵種をうみだしたのだ。
 手に持った帳簿で高速で事務を達成しながら、避け国が誇る理力、弾避けで、弾幕の中をすすみ、退役する兵士を連れ帰り、戦闘許可を出し、また弾薬などの補充を行う。色鮮やかな宮廷服、魔道服も避けやすさと防御力を兼ね備えた皮製である。
その様はまさに避け国を象徴するものとして、他国に名高く、また例え後方作業に従事するものでも、決して戦闘力がないわけではなく銃後という概念はもはや古いという宣言でもあったのだ。
 時には医者と組むことで、瞬間的な治療や、野戦病院の建築などにも力を発揮、戦闘は、弾を撃つことだけが全てではないということを端的に証明、また、事務型が現場に出ることで、弾の無駄うちなどもヘリ、経済的にもお得、まだ運用ノシ方などは確立していないが、これからがまさに楽しみである、尚避けの塔送りになったものたちについては、星見司達などが、元気に野蛮人とかして襲撃してきたとだけ、伝えておく。

●背景
魔法陣(理力使い)



政庁(吏族)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アイドレス一覧(職業) 海法よけ藩国/電網適応アイドレス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる